« Mac De Oracle - 10万円 de RAC #23 | トップページ | Mac De Oracle - 10万円 de RAC #25 »

2007年2月 3日 (土)

Mac De Oracle - 10万円 de RAC #24

10万円 de RACのつづき。今回は、Oracle 10gソフトウェアのダウンロード。

  1. ハードウェアの価格構成
  2. Linux (CentOS 4.4)のインストール
  3. ネットワークの構成
  4. Openfilerのインストール
  5. OpenfilerによるiSCSIボリュームの構成
  6. Oracle RACノードでのiSCSIボリュームの構成 その1。 その2
  7. Oracle所有者と関連ディレクトリの作成及び環境変数の設定
  8. Oracle向けLinuxサーバーの構成(カーネルパラメータの設定)
  9. hangcheck-timerカーネル・モジュールの構成
  10. Oracle RACノード間リモートアクセスの構成
  11. Oracle RACノード構成ファイルの確認
  12. Oracle Cluster File System (OCFS2)のインストール及び構成 その1/その2/その3
  13. Oracle Automatic Storage Management(ASMLib 2.0)のインストール及び構成
  14. Oracle 10gソフトウェアのダウンロード
  15. Oracle10g R2インストール事前作業
  16. Oracle10g Clusterwareのインストール
  17. Oracle10g R2 Database softwareのインストール
  18. Oracle10g R2 Companion CD softwareのインストール
  19. TNS Listenerの構成
  20. Oracle Cluster databaseの作成
  21. Oracle Net Serviceの確認
  22. 表領域の作成と変更
  23. Oralce RAC ClusterとDatabase構成の確認
  24. Clusterの開始と停止の確認
  25. 簡単なTransparent Application Failover (TAF)の確認
  26. PowerBook G4のJDeveloper10g/SQL Developer/SQL*Plusなどからの接続確認(Mac De Oracleではお約束!なので)
注)
MacOSX 10.4.8(PowerPC)へのOracle10g clientインストールは特に新しいネタでもないので記事として書く予定はないが、MacOSX 10.4.8(PowerPC)のJDeveloper10g、SQL DeveloperやSQL*Plusからの接続確認等の記録は載せる予定である。



さて、今回は、Oracle10g及び、RAC関連ソフトウェアのダウンロード。

OTN USの元ネタ「18. Download Oracle RAC 10g Software」も参考程度に見てもらうとして、ソフトウェアをダウンロードしてもよかったのだが、Linux版のOracle10gのお遊び用環境がないこともあり、今回は、OTN ProfessionalのSoftware kitを利用することにした。

ただ、提供されているメディアは、DVDのみで今回利用しているDELL Optiplex GX260にはDVDドライブが無い。(CDとCDRWのタイプ)

ということで、PoewrBook G4にDVDをマウントし、OUI(Oracle Universal Install)を起動するdiscus1からPowerBook G4からscpコマンドでdiscus1の/tmp/ora以下にコピーすることにした。(PowerBook G4の IPアドレスは、192.168.1.13)。


以前にも載せたが、下記配置図を見ていただくと、どのような構成になっているかイメージしやすいと思う。

Rac_de_oracle_3

尚、MacOSXで、sshを許可するには、「システム環境設定」を起動->「共有」をクリック->「リモートログイン」チェックボックスをクリック->「開始」ボタンをクリックする。

Enable_ssh_1


● Apple PowerBook G4にDVDをセット。

Set_dvd_rom_to_powerbook_1


● clusterware、database、companionの各フォルダをscpでコピーする。

[root@discus1 ˜]# cd /tmp
[root@discus1 tmp]# mkdir ora
[root@discus1 tmp]# cd ora
[root@discus1 ora]# scp -r oracle@192.168.1.13:/Volumes/oracle_database_/clusterware .
The authenticity of host '192.168.1.13 (192.168.1.13)' can't be established.
RSA key fingerprint is f3:4b:5d:86:77:4d:3f:87:65:b7:51:e3:bd:39:04:2d.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '192.168.1.13' (RSA) to the list of known hosts.
Password:
cvupack.zip    100% 8279KB 1.2MB/s 00:07
jrepack.zip     100% 20MB 563.7KB/s 00:37
・・・中略・・・
[root@discus1 ora]# scp -r oracle@192.168.1.13:/Volumes/oracle_database_/database .
Password:
blafdoc.css 100% 7061 6.9KB/s 00:00
darbbook.css˜ 100% 5145 5.0KB/s 00:00
darbbook.css 100% 141 0.1KB/s 00:00
・・・中略・・・
[root@discus1 ora]# scp -r oracle@192.168.1.13:/Volumes/oracle_database_/companion .
Password:
blafdoc.css 100% 7061 6.9KB/s 00:00
darbbook.css˜ 100% 5145 5.0KB/s 00:00
darbbook.css 100% 141 0.1KB/s 00:00
・・・中略・・・

と、まぁ、こんな具合。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac De Oracle - 10万円 de RAC #24:

コメント

コメントを書く