« ノベルティ | トップページ | Mac De Oracle - 10万円 de RAC #32 »

2007年2月10日 (土)

Mac De Oracle - 10万円 de RAC #31

10万円 de RACのつづき。Oracle10g R2 Database softwareのインストール その2。

  1. ハードウェアの価格構成
  2. Linux (CentOS 4.4)のインストール
  3. ネットワークの構成
  4. Openfilerのインストール
  5. OpenfilerによるiSCSIボリュームの構成
  6. Oracle RACノードでのiSCSIボリュームの構成 その1。 その2
  7. Oracle所有者と関連ディレクトリの作成及び環境変数の設定
  8. Oracle向けLinuxサーバーの構成(カーネルパラメータの設定)
  9. hangcheck-timerカーネル・モジュールの構成
  10. Oracle RACノード間リモートアクセスの構成
  11. Oracle RACノード構成ファイルの確認
  12. Oracle Cluster File System (OCFS2)のインストール及び構成 その1/その2/その3
  13. Oracle Automatic Storage Management(ASMLib 2.0)のインストール及び構成
  14. Oracle 10gソフトウェアのダウンロード
  15. Oracle10g R2インストール事前作業 その1/その2/その3/その4
  16. Oracle10g Clusterwareのインストール
  17. Oracle10g R2 Database softwareのインストール その1/その2
  18. Oracle10g R2 Companion CD softwareのインストール
  19. TNS Listenerの構成
  20. Oracle Cluster databaseの作成
  21. Oracle Net Serviceの確認
  22. 表領域の作成と変更
  23. Oralce RAC ClusterとDatabase構成の確認
  24. Clusterの開始と停止の確認
  25. 簡単なTransparent Application Failover (TAF)の確認
  26. PowerBook G4のJDeveloper10g/SQL Developer/SQL*Plusなどからの接続確認(Mac De Oracleではお約束!なので)
注)
MacOSX 10.4.8(PowerPC)へのOracle10g clientインストールは特に新しいネタでもないので記事として書く予定はないが、MacOSX 10.4.8(PowerPC)のJDeveloper10g、SQL DeveloperやSQL*Plusからの接続確認等の記録は載せる予定である。



今回は、Oracle10g R2 Database softwareのインストール(第二回目)

尚、手順などは、OTN USの元ネタ「21. Install Oracle Database 10g Software」と同じなので、そちらも参照のこと。


環境変数LANGがja_JPだと、OUIが文字化けしてしいましたが、表示だけの問題(フォントの問題)なので特に対処せず、一番簡単な方法である、en_USに変更することで対処。

以下、文字化けしたOUI

[oracle@discus1 ora]$ echo $LANG
ja_JP.UTF-8
[oracle@discus1 ora]$
[oracle@discus1 ora]$ ./database/runInstaller -ignoreSysPrereqs
Oracle Universal Installerを起動中です...v
インストーラ要件の確認中...

オペレーティング・システムのバージョンを確認中: 必須redhat-3, SuSE-9, redhat-4, UnitedLinux-1.0, asianux-1 or asianux-2
問題なし


すべてのインストーラ要件を満たしています。

Oracle Universal Installerの起動を準備中 /tmp/OraInstall2007-01-11_06-13-04PM. お待ちください...
[oracle@discus1 ora]$ Oracle Universal Installer, バージョン 10.2.0.1.0 製品版
Copyright (C) 1999, 2005, Oracle. All rights reserved.

Warning: Cannot convert string "-watanabe-mincho-medium-r-normal--*-140-*-*-c-*-jisx0208.1983-0" to type FontStruct


041


以下、文字化けを回避した状態でインストールを行う。

[oracle@discus1 ora]$ export LANG=en_US.UTF-8
[oracle@discus1 ora]$
[oracle@discus1 ora]$ ./database/runInstaller -ignoreSysPrereqs

Starting Oracle Universal Installer...

Checking installer requirements...

Checking operating system version: must be redhat-3, SuSE-9, redhat-4, UnitedLinux-1.0, asianux-1 or asianux-2
Passed

All installer requirements met.

Preparing to launch Oracle Universal Installer from /tmp/OraInstall2007-01-11_06-19-23PM. Please wait ...
[oracle@discus1 ora]$ Oracle Universal Installer, Version 10.2.0.1.0 Production
Copyright (C) 1999, 2005, Oracle. All rights reserved.

[an error occurred while processing this directive]
042


(再生にはQuickTimeが必要です。)
rac_de_oracle31-1


● Oracle10g R2になっても無くならない、Oracleインストールのお約束、root.shの実行
root.shは、Oracle RACを構成する全ノードで実行する。

[an error occurred while processing this directive]
052

[root@discus1 ˜]# echo $LANG
ja_JP.UTF-8
[root@discus1 ˜]# /u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1/root.sh
Running Oracle10 root.sh script...

The following environment variables are set as:
ORACLE_OWNER= oracle
ORACLE_HOME= /u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
Copying dbhome to /usr/local/bin ...
Copying oraenv to /usr/local/bin ...
Copying coraenv to /usr/local/bin ...


Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root.sh script.
Now product-specific root actions will be performed.

[root@discus1 ˜]#
[root@discus1 ˜]# ssh root@discus2 /u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1/root.sh
root@discus2's password:
Running Oracle10 root.sh script...

The following environment variables are set as:
ORACLE_OWNER= oracle
ORACLE_HOME= /u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
Copying dbhome to /usr/local/bin ...
Copying oraenv to /usr/local/bin ...
Copying coraenv to /usr/local/bin ...


Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root.sh script.
Now product-specific root actions will be performed.

[root@discus1 ˜]#
[an error occurred while processing this directive]

(再生にはQuickTimeが必要です。)
rac_de_oracle31-2


次回へつづく。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac De Oracle - 10万円 de RAC #31:

コメント

コメントを書く