« Mac De Oracle - 10万円 de RAC #10 | トップページ | Mac De Oracle - 10万円 de RAC #12 »

2007年1月20日 (土)

Mac De Oracle - 10万円 de RAC #11

前回からのつづき、今回は、Openfiler2.1のインストール

  1. ハードウェアの価格構成
  2. Linux (CentOS 4.4)のインストール
  3. ネットワークの構成
  4. Openfilerのインストール
  5. OpenfilerによるiSCSIボリュームの構成
  6. Oracle RACノードでのiSCSIボリュームの構成
  7. Oracle所有者と関連ディレクトリの作成及び環境変数の設定
  8. Oracle向けLinuxサーバーの構成(カーネルパラメータの設定)
  9. hangcheck-timerカーネル・モジュールの構成
  10. Oracle RACノード間リモートアクセスの構成
  11. Oracle RACノード構成ファイルの確認
  12. Oracle Cluster File System (OCFS2)のインストール及び構成
  13. Oracle Automatic Storage Management(ASMLib 2.0)のインストール及び構成
  14. Oracle 10gソフトウェアのダウンロード)
  15. Oracle10g R2インストール事前作業
  16. Oracle10g Clusterwareのインストール
  17. Oracle10g R2 Database softwareのインストール
  18. Oracle10g R2 Companion CD softwareのインストール
  19. TNS Listenerの構成
  20. Oracle Cluster databaseの作成
  21. Oracle Net Serviceの確認
  22. 表領域の作成と変更
  23. Oralce RAC ClusterとDatabase構成の確認
  24. Clusterの開始と停止の確認
  25. 簡単なTransparent Application Failover (TAF)の確認
  26. PowerBook G4のJDeveloper10g/SQL Developer/SQL*Plusなどからの接続確認(Mac De Oracleではお約束!なので)
注)
MacOSX 10.4.8(PowerPC)へのOracle10g clientインストールは特に新しいネタでもないので記事として書く予定はないが、MacOSX 10.4.8(PowerPC)のJDeveloper10g、SQL DeveloperやSQL*Plusからの接続確認等の記録は載せる予定である。



Openfile2.1をインストールするPCは、以前、妻がFedora Core2やDebianをインストールして遊んでいたPCだが、今では部屋の隅で埃まみれになっていたDell PowerEdge SC600 Pen4 1.8Ghz メモリ:768MB。

プライベートネットワーク(iSCSIやOracle RAC interconnect用)用途で、Logtec LAN-GTJ/PCI というギガビット対応NICを追加した。配置図を見てもらうと分かり易いだろう

注意)
2セットしかないキーボードとマウスを、既にインストールの終了した、DELL Optiplex GX260から取り外し、DELL PowerEdge SC600に繋ぎ換えた。1台しかないモニターも同様。

準備として、をダウンロードし、isoイメージファイルからCDを作成しておく。

作成したCDを使ってDELL PowerEdge SC600を起動すれば、インストールが開始される。インストールは簡単で、時間にして30分程度だった。内容は、OTN USの 8. Install Openfilerと同じなのでそちらを参照してもらうとして、違う点だけを書いておく。


● Keyboard Configuration

Japaneseを選択した。


● Partitioning

ディスクが2本あるのだが、一本のディスクに以下のようにパーティションを割り当てた
/boot : ext3で、100MB
/ : ext3で 4096MB
swap : 実装メモリの2倍、 1536MBを割り当てた。

この状態で、2本のディスクの空きは、90GBほど.



● ネットワークなど

Gateway : 192.168.1.1
Primary DNS : 192.168.1.1

Openfilerサーバー (hostname=arowana.macdeoracle.jp)
device ip address sub-netmask 備考
eth0 192.168.1.5 255.255.255.0 パブリックネットワーク用、100メガビット
eth1 192.168.2.5 255.255.255.0 プライベートネットワーク用、ギガビット


● Time Zone Selection

Tokyoを選択




以下、数少ない問題点。

DELL PowerEdge SC600には、オンボードに100BASE-TのNICがあり、それをプライマリNIC(eth0)にし、追加したギガビット対応NICをセカンダリNIC(eth1)として、Oracle RACのInterconnectなどのプライベートネットワークに利用することにしていた。
Openfilerのインストールを開始すると、2枚のNICは正常に認識され、eth0とeth1のネットワーク構成も正常に行えたのだが、インストール後の確認作業でeth0にギガバイト対応NIC、eth1にオンボードのNICが対応づけられていたため、/etc/modprobe.confと/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0とifcfg-eth1を手動で変更した。

  1. /etc/modprobe.confの変更内容は以下の通り。
  2. [root@arowana etc]# diff modprobe.conf.org modprobe.conf
    1,2c1,2
    < alias eth0 r8169
    < alias eth1 e1000
    ---
    > alias eth0 e1000
    > alias eth1 r8169
    [root@arowana etc]#
  3. etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0とifcfg-eth1のMacアドレス部分を入れ替えた。
  4. [root@arowana network-scripts]# diff ifcfg-eth0.org ifcfg-eth0
    4c4
    < HWADDR=00:01:8E:B3:76:7E
    ---
    > HWADDR=00:C0:9F:17:FC:A0
    [root@arowana network-scripts]# diff ifcfg-eth1.org ifcfg-eth1
    4c4
    < HWADDR=00:C0:9F:17:FC:A0
    ---
    > HWADDR=00:01:8E:B3:76:7E
    [root@arowana network-scripts]#


以下、変更後の確認!

[root@arowana ˜]# ifconfig eth0
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:C0:9F:17:FC:A0
inet addr:192.168.1.5 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0
inet6 addr: fe80::2c0:9fff:fe17:fca0/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:4786 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:1558 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:100
RX bytes:1080063 (1.0 Mb) TX bytes:563385 (550.1 Kb)
Base address:0xecc0 Memory:fe100000-fe120000

[root@arowana ˜]# ifconfig eth1
eth1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:01:8E:B3:76:7E
inet addr:192.168.2.5 Bcast:192.168.2.255 Mask:255.255.255.0
inet6 addr: fe80::201:8eff:feb3:767e/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:88 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:7884 (7.6 Kb)
Interrupt:10 Base address:0xc000

[root@arowana ˜]#
[root@arowana ˜]# ethtool eth0
Settings for eth0:
Supported ports: [ TP ]
Supported link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Full
Supports auto-negotiation: Yes
Advertised link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Full
Advertised auto-negotiation: Yes
Speed: 100Mb/s
Duplex: Full
Port: Twisted Pair
PHYAD: 0
Transceiver: internal
Auto-negotiation: on
Supports Wake-on: umbg
Wake-on: g
Current message level: 0x00000007 (7)
Link detected: yes
[root@arowana ˜]# ethtool eth1
Settings for eth1:
Supported ports: [ TP ]
Supported link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Full
Supports auto-negotiation: Yes
Advertised link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
100baseT/Half 100baseT/Full
1000baseT/Full
Advertised auto-negotiation: Yes
Speed: 1000Mb/s
Duplex: Full
Port: Twisted Pair
PHYAD: 0
Transceiver: internal
Auto-negotiation: on
Supports Wake-on: pumbg
Wake-on: g
Current message level: 0x00000033 (51)
Link detected: yes
[root@arowana ˜]#

最後に、Apple PowerBook G4からTerminalを利用し、sshなどを実行中のスナップショット!


Check_arowana

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac De Oracle - 10万円 de RAC #11:

コメント

コメントを書く