« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年6月18日 (日)

昨日の友は今日の敵?・・・・狭いね、この業界も! #2

前回、
ん〜〜。どんな問題が発生しているのか? 書きたいとは思うがそれはまた後日。

と書いたのでその続きでも。

今回ポイントとなっているのは、

「コストベースオプティマイザに対応しました。」

のような言葉をどう受け取るか? というところ。

この 「対応しました」 ってのがくせ者だったんですよね今回は。ちゃんとしているところなら、readme.txtなり、リリースノートなり、新機能概要 などに なにをどう対応した等、しっかりと内容が記載されているのですが、それが無かったのですよ。
なにをどう対応したのか不明確なので、利用するユーザも勝ってな思い込みで良い方に受け取ってしまうこともあるわけですね。(今回は、ある程度疑っていたようですが・・・)

ルールベースオプティマイザでチューニングされていた製品が、コストベースオプティマイザに対応しました。 ということで、アップデートされたと思ってください。
(もし、これだけしか記載されていないとしたら、どのように対応したのか不明なままです)

ユーザ側は、リリースされた製品は、コストベースオプティマイザに最適化されたSQLを実装していると思ってしまう ”可能性” があるわけです。
リリースノートには、「コストベースオプティマイザに対応しました」 とだけしか書いてないので、「コストベースオプティマイザでの動作を確認しただけ」 と受け取れる内容であるにも関わらず。。

リリースされた製品を使い、ユーザ側で性能テストなどを行っていくうちに、前より遅くない? という状況に気付き始める。
動作確認をしただけ、または、それに近い状況であれば、ルールベースで最適化されたSQLは、コストベースオプティマイザに最適化されていないため、ルールベースの時よりもアクセスパスが悪くなり、なんじゃこりゃっていう結果になっているSQL文が幾つか存在していることに、初めて気付くのである。

当然、騒ぎになり、SQLトレースなど取ってみると、表のFull Scanは多発しているは、 表のFull Scan同士で結合されている。運悪く1千万件近くある巨大な表だったりして、 あららららら〜っ、という状況になっていることが証拠として提出されることになる。

そして、
「動作を確認しただけ」 もしくは、それにかなり近い状況であることが、ユーザサイドで認識されることとなったわけです。

さて、ここからが、大変だ。
「エブリシングお見通しでい〜〜。」 ってノリで、 ユーザが製品開発元に改善を求めることになるわけですから。

ただ、エンドユーザ側でも、
「コストベースオプティマイザに対応しました」 というだけで、その詳細が記載されていないと気付いた時点で、怪しいと考え、「どこをどう対応したのか」具体的な資料や解説を求める、または、差し戻すなりしておけば、無駄な性能テストで休出することも、夜遅くまで評価テストする必要も無かったと思うのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

昨日の友は今日の敵?・・・・狭いね、この業界も!

忙しいのを言い訳にして、かなり、ブログの更新さぼってまして m(_ _)m
ということで、Macネタではないのだが、久々に一言書いておこうかなと。。

私の場合、仕事はベンダー系が中心でエンドユーザ系の仕事はあまりないというか、やっていない。しかし、ここのところエンドユーザ系情報システム部絡みの仕事が2件連続している。

今回はエンドユーザの情報システム部側でベンター側に物申す立場。(私としては非常に珍しいパターンだ!)

その相手は、なんと、最近までいた所(仲が悪い訳ではないし以前関わっていた仕事関連では相談を受けたりしている)で、しかも同じ部。
(直接関わっていたグループではないので面識の無い名が並んでいるが名前は聞き覚えがある。良い話で聞いた名前では無いが・・・(^^;;;

今回物申さなければならないのは、そのベンダーに関わっていた頃から何度か聞いたことのある製品! 
(ちなみに、その製品には私は絡んだことはないのだが、何度かデータベース関連でフォローをお願いされたような気がする。しかも、その時、私が多忙で、「そっちまでフォローできん!」 と、ヘルプのお願いを軽く断ってしまった方達のような気がする・・・。)

しかし、心を鬼?(どちらの立場であろうとも言わなければいけないことはきっちり言わなければならない!)にして問題点の対処をお願いした。

私が直接物申すのではなく、エンドユーザ経由でフィルタリングされているので、今のところ、私が絡んでいるとは気付かないだろうけど・・・。


次の仕事はそのベンダーから、その製品のデータベースアクセス部分の改修支援をお願いされたりして・・・・・(爆)。 
狭い業界だから無いこともないよな〜〜っ。と、考えてみたり。。。。
(ただ、そのようなお願いされてもやらないと思うけどね。) (^^;;;

ん〜〜。どんな問題が発生しているのか? 書きたいとは思うがそれはまた後日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)