« PL/SQL で Python Challenge 10 謎は解けた | トップページ | Tiger Server De Oracle10g その1 »

2005年7月29日 (金)

PL/SQL で Python Challenge 10 完結編

Level10は、前回の通りPL/SQLパッケージだけで解けた。珈琲ブレイクの間にコーディングしたのだが、すんなりコンパイルも通りLEVEL10クリア。。

いつものようにコードは載せないが、コレクションの一つであるVARRAY、正規表現関数(REGEXP_SUBSTR()とREGEXP_REPLACE())、あとは昔からある、SUBSTR()関数や、LENGTH()関数を利用したプログラミングで十分。

結果の画像を見てもらうと判るがパッケージの本体は35行である。Level5以降キツい問題が続いたが、このくらいだとPL/SQLで解くのもランチタイムや珈琲ブレイクの間で終わるので十分楽しめる。


level10_source

level10_res



Level11へつづく。。。のだが、Tiger Server De Oracle10g は? と突っ込まれたこともあり、次回はMac De Oracleらしく、Tiger Server De Oracle10gにする予定。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PL/SQL で Python Challenge 10 完結編:

コメント

コメントを書く