« PL/SQL で Python Challenge 9 簡単でした | トップページ | PL/SQL で Python Challenge 10 謎は解けた »

2005年7月27日 (水)

PL/SQL で Python Challenge 9 完結編

Python Challenge Level9 を画像処理(Java Stored Procedure)、その他(PL/SQL stored procedure)とOracle10gの機能で解いた。


方法の概略は昨日の記事を見てもらいたい。

Oracleのdirectory オブジェクトに対応づけられたOS上のフォルダ(ディレクトリ)には、以下のスナップショットのようにlevel9.jpg というLevel9の答えが作成されている。(このlevel9.jpg は、最初からあるわけでなく、Level9を解いた結果作成された画像である) 

(この機能自体がサポートされたのはかなり前なのだが、create directoy文だけでOS上のディレクトリにアクセスできるようになったのは、Oracle9i R2以降である)
result_dir


level9 という PL/SQL パッケージを作成したのだが、今回はpackageの仕様部だけをネタバレになりそうな関数名などをHogeなどと置換して公開しておこう。


最初の create type文で、ユーザ定義型のコレクションを2つ定義している。見ればわかると思うが、hogehoge_typ型は2次元のコレクションになっている。また、hoge_typ型が、2つのintegerを要素とするコレクションであることも判ると思う。感のよい方はこれを見ただけでもLevel9の答えが判ってしまったかもしれない。。(前日の記事で、「答えを画像ファイルに出力する必要ない。」と書いた理由はこれである) 

ではpackage仕様部の解説に移ろう。
最初の2つは、定数なので解説は省略する。getHoge()関数は、単純に2次元のnest tableコレクションを返してくるものである。画像ファイルに答えを描画しないのであればここまでできれば十分である。

私は答えをjpegファイルに出力するので、メモリ上で作成した画像をjpegとして一時LOBとしてOracle10gデータベースの一時記憶域に書き出し、その一時LOBを directoryオブジェクト以下に level9.jpg というファイルとして書き出す処理を作成した。

writeImageFile()プロシージャは、PL/SQLだけで記述してある。プロシージャ名からもある程度想像できると思うが、一時LOBを、指定した directoryオブジェクト以下に指定したファイル名(level9.jpg)で書き出すプロシージャである。(コード量は20行程度) 残りの getAnswer()関数はLevel9を解くためのメイン処理になっおり java stored procedure である。java では画像処理だけを行いそれ以外の処理は、PL/SQLを利用している。(javaのコード量は、jdbcを利用していることもありコメント以外の行は100行程度)
$ cat level9.sql
-- Level9 package
create or replace type hoge_typ is varray(2) of integer;
/
create or replace type hogehoge_typ is table of hoge_typ;
/
create or replace package level9 as
c_first constant varchar2(16) := 'first.txt';
c_second constant varchar2(16) := 'second.txt';
function gethoge(which in varchar2) return hogehoge_typ;
procedure writeimagefile(
directoryname in varchar2,
filename in varchar2,
srcimage in out nocopy blob
);
function getanswer() return boolean;
end level9;
/
show error


コーディング後のloadjavaは、JDeveloper10g for MacOSX Developer Previewを利用している。

jdev10g_loadjava

SQL*Plusを起動し、level9のパッケージや型を作成後、getAnswer()の実行!
level9_exec

注)いつもの通りネタバレになるので答えそのものは載せていないのであしからず!(そうだと思った〜っ。という声が聞こえてきそうだが。。)
level9_result
画像を開くとなるほど〜〜〜と思う結果になるのだが、日本人だと50%は間違かもしれない。特に日本語では通常、”それ”を区別していないからだ。(画像をよ〜〜〜く見ると区別できる”もの”があるのだが・・) でも心配しなくてよい。間違っている方の xxx.htmlを入力すると正しいURLへのヒントのページが表示される。(いつの間にか、英語の勉強にもなっている気がする Python Challenge )


Level10 へつづく!

尚、nest tableやVARRAY又は、結合配列(むかしのPL/SQL表相当)を関数の戻り値として返すサンプルやBLOBをdirectoryオブジェクト以下に書き出すPL/SQLの簡単なサンプルは別途掲載するかもしれない。

20050727001台風一過、波は高いが気持ちのいい湘南にて。。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PL/SQL で Python Challenge 9 完結編:

コメント

コメントを書く